ケンカしよう!
けんかしちゃだめ
意地悪言ってはだめ
いじめちゃだめよ

子供たちはちゃんと知っています。
でも、頭でっかちでは本当のつらさはわかりません。

叩かれた痛み
意地悪を言われたつらさ
言い過ぎて傷つけてしまった後の心苦しさ
謝って仲良くなれた時の喜び
自分で体験してこそ わかるもの

相手に対するいたわりの気持ちも
けんかの中から生まれてくるはず
相手の痛みも 自分の痛みも
体が覚えてくれる
だからこそ
ときにはけんかも・・ね!

相手が間違ってると思ったら
傷つくのを恐れずにけんかしようよ
[PR]
# by ROOMKIDS | 2004-08-01 09:06 |
悔しかったね
テストでも
ゲームでも
たかが遊びでも
苦手だとわかっていても
負ければ・・失敗したら・・
心の中は悔しさでいっぱい!
はがゆさをどこにぶつけようもなく泣き出す子も。

「一生懸命やったのに悔しいね」
ただ受け止めてあげて下さい。
今度頑張ればいいじゃない ではなく
一緒に悔しがってあげて下さい。
悔しさをちゃんと消化したら
子供達は、それをバネにジャンプできるはず。
[PR]
# by roomkids | 2004-03-22 20:23 |
聞かせて
聞かせて学校の事
聞かせて友達の事
聞かせて心の中身

子供達の行動範囲が少しずつ広がって
一緒にいない時間も増えてきます。
我が子が何処で何をしているのか。
今何を考えているのか。
見えない時もあります。
年頃になるに連れて
秘密も増えてくることでしょう。
日頃話さないのに、
何かあってから聞き出そうとしても
話してくれるわけがありません。
だからこそ
毎日たくさん話をしましょう。
芸能人の話でもご飯の話でも何でもいいんです。

子供と言葉のキャッチボール。
その中から見えない我が子が
きっと見えてくるはず。
[PR]
# by roomkids | 2004-03-11 08:44 |
悲しいな
子供達が悪い事をした時
しなければいけない事をしない時
つい頭から怒りがちです。
上からガミガミ怒鳴っても
子供達は反省しません。
むしろ反抗的になったり、逆切れしたり
ただ怒られているのが怖くて
よくわからないまま「ごめんなさい」と言う事もあります。

子供達が悪い事をした時
しなければいけないのにしない時
まずは深呼吸
同じ目の高さでしっかり目を見つめて
~した事がなぜ悪いのか
ちゃんと理由を話しましょう。
いけなかったと子供自身感じているはず
自分自身で反省する時間を作ってあげましょう。

「○○ちゃんが~すると(しないと)
 ○○ちゃんを大好きなお母さん(お父さん)は悲しいな」
[PR]
# by roomkids | 2004-03-02 09:09 |
教えて
「あのね~・・」
新しく見つけた事
できるようになった事
得意な事
子供はおしゃべりしたくてたまらないのに
忙しくて「ちょっと待って」と中断させていませんか?
何度も繰り返すと
「どうせ聞いてくれない」という
親への不信感につながってしまいます。

時にはこちらから「教えて!」
目を見て子供の話に耳を傾けましょう
「すごーい!」「そうなんだぁ!」
生返事ではなく真剣に頷きましょう
自信・研究心がむくむく芽生えます
知らないフリも子育てのコツ
[PR]
# by roomkids | 2004-02-27 12:30 |